【にきびケア】を含む記事

にきびケアと化粧品1
自分にあった洗顔料を用いて、洗顔をするという適切な肌のケアがにきび跡のケアにも影響をあたえるといえます。化粧品の中でも、メイク用のものはにきび跡のケアには不向きです。また、ファンデーションは毛穴を塞ぎにきびを悪化させる原因となり、肌によいものとはいえません。

この記事のタグ

にきびケアと化粧品2
厚く塗られたファンデーションのせいで毛穴が埋まり、さらににきびを悪化させてしまうことがあるため、厚い化粧はにきびケアの上では逆効果になってしまいます。ベストなのは、にきびケアのためには化粧をしないことなのですが、化粧をしないでいられる女性はほとんどいないのではないでしょうか。

この記事のタグ

にきびケアの化粧品3
にきびケアの化粧品の中には硫黄が入っているものもあります。思春期の肌にはこのタイプが向いていますが大人にはあまり向かないでしょう。かえってカサカサして肌が悪化する原因になりますので気をつけたほうが良いでしょう。

この記事のタグ

にきびのケアと食生活
にきびの原因になってしまう皮脂を分泌するような食材を用いずに食事をすれば、にきびができにくくなるのは事実です。にきびのケアで注意したい食生活では、にきびの原因になる食べ物を食べ過ぎることは問題なのですが、忘れてならないのは健康な体を作るためには必要な栄養はきちんと摂取することです。

この記事のタグ

にきびのケアについて
にきびができた後のケアも大切で、それが正しく行われていないと、悪化してしまったりにきび跡を作ってしまったりします。にきびのケアを誤ると色素沈着やクレーター状態になってしまいます。

この記事のタグ

にきびのケアの注意点
にきびの原因は、ターンオーバーが乱れることで角質が厚くなって毛穴を塞いでしまうことなのです。さらにお肌が作られるといわれる時間帯は夜11時~午前2時頃だそうです。この時間に十分な睡眠を取ると肌の回復を早め新しい肌が作られますので、にきびのケアには効果的です。

この記事のタグ

洗顔でにきびケア
にきびケアやにきび予防に効果的な洗顔をするならば、最初にヘアーキャップやゴムを使って髪が顔にかからないよう束ねてください。髪の生え際はにきびができやすいので、洗いやすいようにしておきます。手についている汚れが顔につかないよう手洗いをし、蒸しタオルなどを2分から3分ほど顔にあて、毛穴を開かせるのがにきびケアの洗顔のポイントです。

この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

にきびのお悩み解消のヒント:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://nikibi.webinfom.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。